もっとweb集客の費用対効果を改善したいマーケティング担当者の方へ

マーケティング担当者

きっと多くのマーケティング担当者と同じようにあなたも、効果的な手法を見つけて事業を安定的に拡大させていきたいと思っているはずです。世の中のマーケティング担当者はこんな悩みを抱えています。あなたはどうですか?

  • 打ち合わせが多く、じっくりと考える時間が取れない
  • 毎月レポーティングはしているけど、何がどうなっているのかを把握しきれていない
  • 日進月歩で進む情報のスピードに追いつけず、世の中の動きと自社の動きの差がどんどんと広がっていて焦る

そんな中でも、これらの悩みから開放されて着実に事業を拡大しているマーケティング担当者もいます。彼らは、とにかくサクサクと業務を進めます。考えることが業務の中心です。調整事や作業に追われて一日の大半を終えるようなことはしません。業務時間あたりの価値を最大化することができています。そのため、無駄に残業時間が長くなるような事態には陥りません。もちろんプライベートも充実しています。仕事終わりの時間は家族や恋人や友人と食事をしたり、スキルを磨くための学習をしたり、趣味の映画鑑賞や音楽鑑賞、健康維持のためのトレーニングなど。

毎日忙殺されている割に、成果に結びついていないと悩んでいるあなたとの間にどんな差があるのか?

マーケティング担当者の2つのタイプ

マーケティング担当者には2つのタイプがあります。1つは周りに動かされている「歯車タイプ」、もう1つは周りを動かしている「ドライバータイプ」です。

どっち?

多くのマーケティング担当者は「歯車タイプ」です。このタイプの方は、自分自身のモノサシで状況の判断ができていません。もし、広告代理店などのパートナーから提案されたものを、会社から与えられた予算の中でやりくりしているなら、残念ながらあなたも「歯車タイプ」のマーケティング担当者だと言えます。状況に応じた適切な判断ができていないので、効果的ではない施策やシステムに、無駄な投資をしてしまいがちです。まさにコスパの悪いweb集客をしている状態です。

一方、「ドライバータイプ」のマーケティング担当者はマーケティングの本質や、施策の種類と特徴について、施策間の関係性についてなど、web集客業務を行う上で大切なことを知っています。そのため、自分自身が指揮官となって積極的に正しい判断を下すことができます。彼らは事業全体の中で最も影響の大きいと思われる課題を見つけて、そこに集中的に時間とお金を使います。必要なリソースも外部のパートナーをうまく活用して、自社だけでは解決できない課題をクリアしていきます。各パートナー企業の得意な事をわかっているので、チームとしての最大パフォーマンスを発揮できています。その結果、事業を安定的に成長させる結果を導くのです。

目指すべきはドライバータイプのマーケティング担当者

ドライバータイプのマーケティング担当者になるためには、押さえておくべきポイントがあります。それは、

  • マーケティングオートメーションなどの最新の手法を使えるようになることではありません。
  • 成功企業の事例に詳しくなることではありません。
  • 成功体験をもったコンサルタントの高額セミナーに参加することでもありません。

ドライバータイプのマーケティング担当者には秘密があります。まずは、歯車タイプのマーケティング担当者が抱えている3つのムダについて知ることから始めましょう。

歯車タイプのマーケティング担当者が抱えている3つのムダ

1.慣れない情報収集の時間のムダ

情報収集のムダ

仕事で検索をしない日はないと思います。「コンテンツマーケティングってどうやるんだっけ?」「いい制作会社いないかな?」「広告運用会社の動きが悪いから、他にいいところがあればちょっと話を聞いてみたいんだけど、どこがいいんだろう?」というようなことだったり、「LINEの広告ってどうやって出すんだろう?」「インスタが熱いみたいだけど、うちでもやれるのかな?」「売上が伸び悩んでるからどうにかしたいけど、何からテコ入れしたらいいんだろう・・・とりあえず”web 集客”で調べてみよう」など、その時々の課題の答えを検索して探そうとしますよね。

マーケティング担当者のミッションは事業の売上に直結する「顧客の獲得と維持」です。そのため、常に「良い方法」を探しています。でも大量の情報から適切な情報をピックアップするのは中々骨の折れる作業です。そもそもよくわかっていない領域の話だと、どのページに書かれていることが真実なのかを見極めることも難しいです。そうなるともう、1日の業務時間の大半をwebでの検索行為で終えてしまいます。

厄介なのは時間をかけて集めた情報から、自社にとってベストな情報を選ぶのが難しいということです。いろんな視点で書かれていたり、書いた人の価値観や想いが反映されていたり、十分な情報がない情報元もあったりします。そして不幸なことに、苦労して集めて悩んだ挙句に選んだ情報が、適切なものかどうかはまた別の話だということです。web上の情報のほとんどは、あなたに商品を売りたい人たちが提供している情報です。そのため、いろんなポジションで情報の発信が繰り広げられています。商品開発目線だったり、広告運用目線だったり、コンテンツ制作目線だったり、システム開発目線だったり。。。自ら情報収集をしている歯車タイプのマーケティング担当者は、それらの情報に振り回されがちです。大切な時間をムダにしてしまっている原因が、自力での情報収集にあります。

2.パートナーマッチングの機会のムダ

パートナーマッチングのムダ

今お付き合いしているパートナーに満足していますか?もし今のパートナーに満足いっているなら、あなたの事業は順調だということです。毎月の予算も達成して、年間の目標に対しても順調に積上げができている状況だと思います。もしそうなら、この記事も読む必要はないと思うのですぐにページを閉じて、カフェにでも行ってゆっくり過ごしてください。でも、もしそうでないならパートナー企業とのミスマッチが起こっている可能性があります。もしくはパートナーの力を引き出すディレクションができていない可能性もあります。

事業課題の改善策を検討する時、「LINEの広告を始めよう」「もっとFacebookを活用しよう」「レスポンスの取れるランディングページ(LP)を作ってみよう」など、何か新しい取り組みをしようという話が出てくると思います。また、「リスティング広告の運用成果が半年ほどずっと横ばいだけど、もっとやりようはないのか?」「ページの改修に1週間もかかっているので、もっと早く対応してくれる制作パートナーが欲しい!」「事業データも貯まってきたので、そろそろきちんと分析をする体制を整えたい!」など、今のパートナー体制の見直しを検討することもあると思います。

そういう時に歯車タイプのマーケティング担当者が取る行動は、①webでめぼしい会社を2,3社ピックアップ、②簡単なオリエンテーションをして各社から提案をもらう、③その中から1社を選ぶ、のようなものです。探し方としては問題ないのですが、各社の提案の違いをどう判断すればいいのか厳密にわかっていないと、結局「営業担当の人柄」「手数料の安さ」「過去実績」などを判断材料に選びがちです。その結果、思っていたような成果が出せず、webでの調査→提案の段取り→提案の検討→実行に掛けた時間とお金と機会をムダにしてしまいます。大切な時間と機会をムダにしてしまっている原因が、自力でのパートナー探しにあります。

3.費用対効果の悪い広告に費やすお金のムダ

広告費のムダ

広告代理店などのパートナーから毎月ないし毎週レポートをもらっていると思います。でも媒体毎のレポートをそれぞれ受け取っているような状況ではありませんか?毎月の定例mtgで、媒体毎に考察と対策を報告してもらっているような状況だと思います。

webの施策にはそれぞれ得意不得意があります。獲得単価だけを指標とするような、全てに同じパフォーマンスを期待する運用では期待している成果を出すことはできません。そんなことではすぐに成長の踊り場に乗り上げてしまいます。そのため、施策毎に明確な役割を持たせて、各施策の特性を生かすための運用が必要になります。それを実現するためには、媒体別のレポートではなく、全てを統合した全体を俯瞰できるレポートを元に、状況の把握することが求められます。

また、広告管理画面で集計しているコンバージョンは全てクリックスルーコンバージョンです。クリックされた後、別の施策からコンバージョンした場合も、管理画面上ではコンバージョンが計上されてしまいます。つまり、媒体レポートで計上されているコンバージョンには、実際に直接獲得に至っていないクリックもコンバージョンとして集計されているということになります。媒体レポート上で獲得単価は目標クリアしていても、実際に獲得に繋がったコンバージョンで計算した時に、獲得単価の上限を上振れてしまっているような状況もよくあります。適切な獲得単価基準を設けて、実際の獲得単価でパフォーマンスを評価しなければ、予算配分を見誤ります。大切な利益をムダにしてしまっている原因が、媒体レポートでの個別最適にあります。

歯車タイプのマーケティング担当者の抱える3つのムダの解消法

1.情報収集の時間のムダを解消するためには?

情報収集

まず、どこに大きな課題があるのかを見極める力が必要です。時間をかけて情報収集してもそれによって改善できるインパクトが小さければ、時間に対して得られる成果が小さいものになります。大きな課題を見極めるためには、まずweb集客における重要なポイント「顧客化プロセス」を知ることが大切になります。顧客化プロセスとは、ターゲットを顧客にするまでの、「認知」「興味」「理解」「検討」「購入」の5つのプロセスのことです。

この各プロセスで、ターゲットは意識の変化とそれに伴う行動を起こします。広告によって興味を惹かれたら、より詳しい情報を求めてwebサイトへ進みます。商品についての十分な情報を受け取ることで「自分にとって役に立つ商品だ。」と思えば、購入を検討します。購入の条件が自分の期待に合っていれば、購入へと進みます。このプロセスの中でどこが一番のボトルネック(最大要因)になっているのかを探してください。「広告は十分に反応を得られているのか?」「商品を信用してもらうのための情報は十分に提供できているのか?」「競合商品と比較されても負けないオファー(購入の条件)を出せているのか?」など、ターゲットが買わないを決めるポイントが5つのプロセスのどこかにあるはずです。これらを定量的・定性的に判断することでボトルネックが見えてきます。最も改善すべきポイントがわかれば、それをどう改善すべきかの手法を探せば無駄を少なくできます。

また、できるだけフラットな目線で情報が提供されている情報源を見つけることも大切です。web上にある情報のほとんどは、誰かの思惑が込められたものです。企業向けのwebメディアに掲載されている情報などは、自社の商品をよく見せたいと思っているツールベンダーなどの支援企業がメディアサイトにお金を払って、良いことを中心に書いてもらっている記事だったりします。その中でも自社目線ではなく、顧客目線で本当に正しい情報を届けたいと思って情報発信をしている情報元もあります。ただ注意していただきたいのは、どの情報もあなたの事業で実践されたものではありません。なので、結局はやってみるまではその効果はわからないということです。

信用できる情報源を持っておくことで情報をいちいち探す手間が省けます。一番ダメなのはあれやこれやと集めたあげく、どれも選べない状態です。この会社が言っていること、この人が言っていることは信用できると感じた情報源をとにかく信じて、そこから得られた知見を元に実行することを目的に情報収集することが大切です。そのためには、日々マーケティングのメディアサイトで情報や、マーケターや広告運用会社、制作会社などが発信しているメルマガなどでの情報をキャッチして、自分の中での情報の感度と精度を高めておく必要があります。まずは量を入れて、質を見抜く目を養うことが、情報収集の時間のムダを解消するための方法です。

2.パートナーマッチングの機会のムダを解消するためには?

web集客業務に取り掛かるチームの役割として、あなたが脳みそだとすればパートナーは身体のような関係です。あなたの考えややりたいことを行動によって実現するのが施策を外注しているパートナーの役割です。どれだけあなたの考えをスムーズに体現できるパートナーを見つけられるかが、web集客の成否を分けると言っても過言ではありません。

そのためにはまず、web集客においてどういう施策があり、そこにどういうプレイヤーがいるのかを知ることが大切です。広告代理店と言っても、リスティング広告の運用を得意としているところ、DSPなどのディスプレイの運用を得意としているところ、FacebookなどのSNS広告の運用を得意としているところなど、扱っている媒体の得意不得意があります。さらに、運用会社に丸投げしているのか、自社で運用をしているのか、バナーやLPなど成果改善のために必要なアイテムも運用と合わせて自社で制作しているのかなど、ビジネスモデルにも違いがあります。そういった違いを理解した上で、今の自社の課題を解決するためのパートナーにふさわしい支援企業を見極めて選ぶ必要があります。

見極めのためには、まずいろんな会社の担当者と会うことです。セミナーでも交流会でも構いません。マーケティング関連の展示会などへの参加も良いと思います。その時に、どういうサービス内容なのか、どういう課題に対してのソリューションなのか、今どういう企業を支援しているのか、できるだけ特徴的な部分を聞くようにします。「なんでもできる」スタンスで話をしてくる企業もいるので、顧客化プロセスにおける「どのプロセスでの課題を解決するためのサービスなのか?」を問いただしてみてください。全てを高いレベルでできる企業はありません。名実ともに有名な大企業であればそれも可能だと思います。ただし、その会社が総力戦をしてくれる場合に限ります。だいたいは新人など経験の浅い担当者がつきます。その時、あなたが受け取れる価値はその担当者のレベルを超えることはありません。

顧客化プロセスにおけるどの課題を解決するためのソリューションを探しているのかが明確になっていれば、各社の提案から1つを選ぶ時にも適切な判断ができるようになります。あなたのオーダーに対して関係のない提案が含まれていたり、相手の売りたい商品ありきで提案が構成されていたり、その会社にリソースが無いはずの施策が提案に含まれていたりする時、それらの提案がベストではないことがわかるようになります。どんなプレイヤーがいるのか、量を入れて質を見抜く目を養うことが、パートナーマッチングの機会の無駄を解消するための方法です。

3.費用対効果の悪い広告に費やすお金のムダを解消するためには?

予算配分

まずは実際の獲得単価を知ることです。広告代理店から提出される媒体レポートだけではなく、Google Analyticsなどで集計できる各広告媒体毎の直接コンバージョンの数を利用します。アクセス解析ツールで集計できるコンバージョンは、最終的にコンバージョンに至った訪問にのみカウントされます。なので、広告媒体毎の直接コンバージョン数と、媒体レポートで報告されている広告費を利用して、実際の獲得単価を算出します。

その時、想定の獲得単価より安価に獲得できている広告があれば、より予算を多く配分して出稿量を増やすようにします。逆に、獲得単価が採算を取れる度合いを大きく上回っている広告があれば停止もしくは抑制します。ただし注意点があります。あくまで個別の媒体単位ではなく、全体の想定獲得単価を基準にして判断をするということです。想定の獲得単価よりも上回っている広告があったとしても、全体の獲得単価が許容範囲であれば、予算追加することで売上を拡大させられます。もし、全体の実質獲得単価が許容範囲を越えているようであれば、個別の広告でボトルネックとなっているものを停止および抑制することで、全体最適を図ります。

 

「でも、そんな時間を取るのは難しい…」と感じられるのも仕方ありません

 

マーケティング担当者には、事業運営のための細かな業務が次から次に現れます。社内の調整ごとにも時間をかけなければいけません。もしかしたらあなたは他の業務も兼務しているかもしれません。やった方が良いことを後回しにしていると結果的に、「あれはどうなった?」「これはどうしましょう?」「ご検討いただけましたか?」などと、周りからどんどんと追い込まれてしまいます。まさに振り回されることから抜け出せなくなってしまいます。

ここでひとつ疑問が浮かびます。果たしてドライバータイプのマーケティング担当者は、本当にこんなにたくさんの情報を日々収集して、たくさんのパートナーと出会い、彼らとの関係づくりに積極的に動いているのか?

ドライバータイプのマーケティング担当者が振り回されない理由

もちろん持てる全ての時間を使って、情報収集・パートナー開拓・関係性構築に取り組んでいるマーケティング担当者もいます。でも、みんながみんなそうできるわけではありません。実は、ドライバータイプのマーケティング担当者には困ったときに気軽に相談できる参謀とも言える相談役が必ずいます。それは、優秀な上長だったり、同業で活躍する他社のマーケティング担当者だったり、高額のフィーで雇っているコンサルタントだったり・・・

今、あなたの側には頼れる相談役はいますか?もし今お付き合いしているパートナーの中に、そういった方がいるのであれば、是非相談役としての仕事を依頼してください。情報を整理する時の確認相手、自分だけで判断がつかない時の客観的意見の引き出し先、アイデアの壁打ち相手になってもらうことで、あなたの脳みそは拡張された状態になれます

もし自分の考えをぶつける相手がいないなら、今すぐに探しに行かれることをおすすめします。でも結局のところ、「そんなのどこに居るのか?居るならとっくに捕まえているよ。」と思われますよね。自分なりにwebの情報をキャッチアップしたり、メルマガを購読したり、セミナーに参加したりしていても、何が課題かは明確にわからず、誰を信用していいのかも決められず、広告代理店の提案を鵜呑みにするしか選択肢がない状況だと思います。提案を受けるままに実施した施策がフタを開けてみれば、何のためにやったのかわからないような状態でゴロゴロと転がっていませんか?このままだと周りに振り回され続ける歯車タイプのマーケティング担当者になってしまいます。

でも、安心してください!ドライバータイプのマーケティング担当者になるための、効果的で手軽でコスパの良い方法があります。

今すぐドライバータイプのマーケティング担当者になれる方法

歯車タイプのマーケティング担当者が、今すぐドライバータイプのマーケティング担当者になるためのサービスがあります!それがweb広告のコスパ改善を目的としたプラットフォーム「ADviser」です!

ADviser

ADviserには、web集客で成果を出すために必要な「ノウハウ」「スキル」「ツール」の3つが全て手に入る機能が搭載されています。その3つの機能によって、あなたが手に入れられる価値についてご紹介します!

1.専門的な知識をすぐに借りてこれるので、時間のムダが削減できる!

調べたいことがあればすぐにADviserのチャット機能で相談できます。ADviserには担当のアドバイザーが付きます。アドバイザーは、現役のマーケティングコンサルタントとして活躍しているので、コンサルタントを雇っているのと同様のサービスを受けられます。時間をかけて情報を集めても、そこからどの情報を正しいものとして扱うかによって、得られる結果の質が変わります。アドバイザーに相談することで、実践に基づいた知見をすぐに手に入れることができます。もちろん広告代理店からの提案の内容をチェックしてフィードバックを依頼することもできます。また、レポートを共有していただき、その中身に対して考察と対策を提示することもできます。マーケティングコンサルタントを相談役としてお傍に置いている状況となんら変わりません。今何が課題なのか、この先どう進めればいいのか、等の大きな目線での相談から、この提案を受けるべきか受けないべきか、この会社の言っていることは正しいのかどうか、などのちょっとした確認など、あなたの状況に合わせた相談をいつでも何度でもしていただけます

2.広告の運用・制作の専門家と協業できるので、機会のムダが削減できる!

今のパートナーに不満があったり、新しいパートナーを探したい時は、すぐにADviserのチャット機能で広告の運用・制作の依頼ができます。ADviserにはweb集客の費用対効果改善のために必要な、広告の運用実務にあたっている専業会社やフリーランスが参加しています。普段は広告代理店からの仕事の下請けをしているような方たちなので、実際の功労者ということになります。また、獲得のために必須となるレスポンスを得るための広告クリエイティブづくりを得意とする会社やデザイナーも参加しています。彼らは会社としての規模が大きくないので、直接クライアント企業との接点はあまり持っていません。でも、実際に広告を運用したり、売れるLPを作ったりしている実務者なので、サービスの質は間違いありません。むしろ、広告代理店を介さず直接やりとりできることで、話の理解や作業のスピードが格段に早くなります。また、広告代理店を介さないことで費用的にも押さえることができます

アドバイザーがあなたの事業の状態や状況を把握した上で、その中でも適切なパートナーをメンバーに引き入れるので、プロジェクト開始後のミスマッチが起こりません。値段だけで決めた結果、期待通りの成果が出せなかった場合、お金だけでなくそれに掛けた時間もムダにすることになります。目標達成の成否を分ける実務パートナーとのミスマッチを無くすことが、web集客の費用対効果の改善には大きく影響します

3.統合レポートによる適切な予算配分によって、無駄な費用発生が削減できる!

媒体毎のレポートだけでは、正しい考察と判断はできません。ADviserのユーザーは、毎月の媒体レポートを提出するだけで、全体を俯瞰できる統合レポートを受け取ることができます。統合レポートによって、全体のどこに最もインパクトの大きな課題があるのか、施策間の予算配分が適切な状況にあるのかが可視化されます。それにより、成果に直結する予算配分を適切に行うことができます。適切な獲得単価(CPA)設定もできるようになるので、各運用パートナーへの目標設定も適切に行うことができるようになります。その結果、目標達成の確度が高まり、期待しているweb集客の費用対効果の改善が得られます!

 

ADviserが実現するコストパフォーマンス

貯金ぶた

通常はマーケティングコンサルタントが、web集客成功のために必要な「ノウハウ」「スキル」「ツール」を提供しています。ただ、コンサルタントは時間を切り売りするビジネスなので、できる人になればなるほどその報酬が釣り上がっていきます。月額50万、80万、100万といった固定費を数ヶ月、1年にわたって支払い続けられる企業は多くありません。しかもその工数の大半は、mtgやmtgのための準備時間などに使われています。ADviserはマーケティングコンサルタントのスキマ時間を利用することで、本質的な価値は残しつつ月額5万円という破格の料金設定を実現しています。

また、広告の運用者や制作者についても、訪問工数の削減とアドバイザーによる方針策定によって、自分たちの業務工数を削減できるため、通常よりも割安な費用設定にすることを実現しています。

ADviserのパフォーマンスが高い理由

「低額ってことは質が悪いってことでしょ?」と思いますよね?ご安心ください。ADviserに参加しているパートナーは専業会社で実務に当たっている人や、元々その業界で活躍している企業で働いていた方たちです。今は独立して自分で事業を展開されているメンバーも多くいます。そのため、質は高く・コストは押さえた、あなたにとってこれ以上ない条件でのサービスを提供してくれます。

各々が事業責任者としての立場ももっているので、クライアント企業1社1社に対して責任感をもって一生懸命に役割を果たそうとします。もちろん絶対はないので、うまくいかない場合もあると思います。でもその時はアドバイザーに相談いただくことで、何が問題なのかを指摘して軌道修正させることもできます。もちろん、ご要望に応じて別のパートナーと変更することもできます。その場合も、広告のアカウントなどはADviserとして管理しているので、それまで蓄積したデータなどは引き続き有効活用ができます。パートナーが変わることのデメリットを軽減するサービスの仕組も整備されています。

web集客を成功に導くための、「適切な情報を選択できる専門性」「目標達成に向けて前に進めてくれるパートナー陣」「適切な予算配分のための統合レポート」、これらすべてがADviserで手に入ります

もしあなたが、歯車タイプではなくドライバータイプのマーケティング担当者になりたいなら・・・
もしあなたが、作業や調整事に追われる日々から抜け出したいなら・・・
もしあなたが、自分の考えを体現してくれる仲間と共に事業を成長させるエンジンとして働きたいなら・・・

今すぐあなたの頼れる相談役としてADviserをご利用ください。あなたに必要なのは毎月の5万円だけです。それだけであなたのweb集客の費用対効果は改善されます。通常、web集客の改善のためにコンサルタントを雇う場合、毎月50万円はかかります。しかも契約期間は半年や1年が通例です。もしあまりイケていないコンサルタントだった場合、契約期間が終わるまでムダなお金を払い続けなければいけません。でも安心してください。ADviserならいつでも止められます。必要無いなと感じたらすぐに解約できます。

 

ここまで読んでいただいたあなたが選ぶ道は2つです

 

1つ目の道は、このままこのページを閉じて、引き続き歯車タイプのマーケティング担当者として、3つのムダを抱えながら自分に無理を強いる。

もう一つの道は、ADviserに登録し、今この瞬間からドライバータイプのマーケティング担当者になって、効果的で効率的なweb集客に取り組む。

お申込みはこちらです→web集客のコスパ改善プラットフォーム「ADviser」お申込み

関連記事

  1. チーム

    web集客を成功へ導く「最強のチーム構築法」