web集客のためのランディングページ(LP)とは

ランディング

ランディングページ(LP)はお持ちですか?web集客をしている企業なら100%持っていると言っても過言ではありません。もしお持ちでないならすぐに手に入れてください。あなたのweb集客のパフォーマンスが格段に上がります。この記事では、ランディングページ(LP)を利用する目的やその特徴、利用すべき理由などについてご紹介します。正しいランディングページ(LP)の知識を持っていれば、レスポンスの取れるランディングページ(LP)を手に入れることができます。

目次

  1. ランディングページ(LP)が表す2つの意味
  2. ランディングページ(LP)の目的
  3. ランディングページ(LP)が反応を取れる理由
  4. web集客を成功に導くランディングページ(LP)の作り方
  5. まとめ

1.ランディングページ(LP)が表す2つの意味

ランディングページ(LP)には広い意味と狭い意味の2つがあります。広い意味では、webサイトの外から訪問してきた人が最初に開くページを指します。例えば社名を検索して表示された検索結果からその企業のwebサイトへ訪問してきた場合は、トップページがランディングページ(LP)になる場合が多いです。でも、「社名 アクセス」などの検索結果にはその企業のアクセスページが表示されるので、その検索結果から訪問した人が最初に見るページはアクセスページになります。その時はアクセスページがランディングページ(LP)ということになります。つまり、広い意味ではwebサイト内のどのページもランディングページ(LP)になる可能性があるということです。

狭い意味でのランディングページ(LP)は、広告をクリックした人が訪れるページのことを指します。あなたも見たことがあるかと思いますが、縦長のアレです。一般的にランディングページ(LP)と言う時はこれを指します。この記事では以降、ランディングページ(LP)と表現されているものはすべてこの狭い意味でのものとなります。

2.ランディングページ(LP)の目的

ランディングページ(LP)の目的は、訪問者に特定のアクションをその場で取ってもらうことです。そのアクションはweb集客上のゴールを設定します。ECの場合は購入、店舗集客の場合は入会や体験申込、営業先獲得の場合は資料請求やお問合せなど。顧客獲得もしくは見込客獲得をするためのwebページがランディングページ(LP)です。

通常のwebサイトの場合も同様に、このようなゴールの設定はしていると思います。でもランディングページ(LP)には通常のwebページとは明確な違いがあります。それは、「その場で」欲しいアクションを取ってもらえるように作るところです。web上ではすぐに別のページへと移動できます。商品に興味を持ったターゲットは、「もっと自分にあった商品があるかもしれない。」「同じような商品でもっと安いものがあるかもしれない。」と思って、競合商品との比較検討の旅に出ます。その時、圧倒的な商品力の差、競合商品に引けをとらない価格の設定ができていれば何も恐れることはありません。でも、多くの場合そこまでの差別化は図れていないことが多いため、競合商品の方を魅力的に感じる人たちもいます。そして何より、「今じゃなくてもいいかな。」という結論の先延ばしを選ばれることが多いことを忘れてはいけません。

ゴールへ導く力を通常のwebサイトよりも強くするためにランディングページ(LP)が使われます。より的確にターゲットをゴールへと導くための特徴をご紹介します。

3.ランディングページ(LP)が反応を取れる理由

ランディングページ(LP)の最大の価値は、広告で集客をする時、webサイトへ直接誘引するよりもコンバージョン率(CVR)が高いところです。では何故そのような違いが出るのか、それはランディングページ(LP)には通常のwebページには無い以下の特徴があるからです。

  • ターゲットに合わせたクリエイティブ
  • 顧客化するための情報量
  • ゴールまっしぐらの導線

 

ターゲットに合わせたクリエイティブ

ランディングページ(LP)は広告をクリックした時のリンク先として設定します。1つしか設定できないということはないので、流入元によって設定するランディングページ(LP)を変えることができます。それにより、ターゲットの状態に合わせたクリエイティブを用意することができるようになります。そのため違和感のないコミュニケーションによってターゲットのリアクションを取りやすくなり、コンバージョン率(CVR)が高くなるのです。

POINT:ターゲットの状態によって使い分ける

商品名で検索しているような顕在層に対してリスティング広告で誘引する場合、商品の価格やキャンペーン情報など購入へとすぐに誘導しやすい情報をメインにしたランディングページ(LP)を設定すると効果的です。逆に、ディスプレイ広告などのプッシュ型の広告で接触したまだ検討段階にない潜在層に対しては、悩みへの共感から課題とその解決策を示すような流れで、徐々に興味付けと動機づけをしていくようなランディングページ(LP)を設定した方が効果的です。

 

顧客化するための情報量

ランディングページ(LP)のことを知る上で押さえておくべきポイントは、1ページに込める情報量です。通常のwebページと比べてランディングページ(LP)のページあたりに込められた情報量はかなり多いと思います。何故多くなっているのかを知っていれば、よりパフォーマンスの高いランディングページ(LP)を作ることができるようになります。

通常のwebページとランディングページ(LP)にはその作り方に明確な差があります。それは、ランディングページ(LP)は1ページに顧客化プロセスの「興味」以降で必要なコンテンツを盛り込んでいるところです。顧客化プロセスとは、ターゲットを顧客にするため「認知」「興味」「理解」「検討」「購入」の5つのプロセスのことです。ターゲットはこの行程を経て、商品を欲しいと感じ、購入という行動をとります。通常はいろんな施策によってこのプロセスを前に進めていきます。でも、ランディングページ(LP)ではそのプロセスが1枚のページに収まっている形を作るために、情報量が多くなり縦に長いページが主流なのです。

ランディングページ(LP)はターゲットを顧客化するための情報が1ページにすべて盛り込まれています。上から下に向かって読み進めてもらえることで、売り手が伝えたい内容を伝えたい流れでターゲットに訴求することができます。それにより、ターゲットに「自分にとって役に立つ商品だ。」と納得してもらえていれば、価格だけで評価をされることはなくなります。そのため、ランディングページ(LP)は通常のwebページと比較して高いコンバージョン率(CVR)が出るのです。

顧客化のためのプロモーション設計については、こちらの記事をご覧ください。

POINT:1ページで十分な情報を提供できる

人が商品を買うと決めるのは、その商品や売り手に対して信用を得られた時です。信用を得るためには信用を得るのに十分な情報が必要になります。webサイトではサイト内の複数のページを回遊をしなければ十分に商品の情報は得られません。つまり、売り手の希望通りの回遊の仕方をしてもらえなければ、商品を欲しいと思ってもらうための情報を提供できないということになります。きちんと準備をしていてもきちんと伝わる順番で見てもらえないということです。webサイトの場合、最初に価格で評価されてしまえば、それ以上どんなにターゲットにとって役に立つ商品の情報が書いてあったとしても、「自分には関係のないもの」として見られてしまう可能性が高くなります。

 

ゴールまっしぐらの導線

ランディングページ(LP)を使う目的は、その場で成果を得ることでした。ECであれば購入、店舗型サービスであれば入会申込や体験申込、BtoB企業などの営業先獲得であれば資料請求や問い合わせの獲得が目的となります。そのため、必ず申込のアクションを取るための装置が設置されています。CTA(コールトゥアクション)と呼ばれる装置で、「購入はこちら」「無料体験を申込」「予約をする」などの具体的なアクションを促すボタンが設置されています。ランディングページ(LP)に訪れたターゲットは、アクションを取るか取らないかの二択を迫られることになります。複数の選択肢や、複数の導線が無いので、やるかやらないかだけを問うことができる構造になっています。そのため、通常のwebページと比べてコンバージョン率(CVR)が高くなるのです。

POINT:ページ遷移のない一本道をつくる

CTA(コールトゥアクション)をクリックするとwebサイトのエントリーフォームのページに遷移するパターンが多いのですが、ランディングページ(LP)自体にエントリーフォームを設置してしまうのが、最も効果的な導線です。システムが絡む部分でもあるので、容易にできない場合もありますが、可能であれば実践してみてください。

 

4.web集客を成功に導くランディングページ(LP)の作り方

ランディングページ(LP)を作る時は制作会社に依頼をします。でもどこに依頼をするのかは注意が必要です。なぜなら通常のwebページとは作り方が異なるからです。ランディングページ(LP)は1ページの中でゴールまで導くためのwebページです。どういう状態のターゲットをどういう広告によって誘引してくるのか、広告の特性なども理解した上でキャッチを作り、読み進めてもらうための引きのあるメッセージとコンテンツを作れなければ機能しません。ただwebページを作れる人が作っても本来のランディングページ(LP)の役割は果たせません。1ページにマーケティングのノウハウが凝縮されていると言っても過言ではありません。つまり、マーケティングを理解してweb集客のノウハウを持っている人が要件定義をして、構成を設計しないといけません。

ランディングページ(LP)の相場は10〜30万円と思われています。でもその金額で作られるのは、こちらが提供した素材をそれっぽく組み立てて構成しただけの、まるでwebサイトのページをつなぎ合わせただけのようなただのwebページです。10〜30万円程度では、webページを1枚つくるためのデザインとコーディングの作業費にしかなりません。

効果の出るランディングページ(LP)を作るためには、ページをデザインする前にweb集客のノウハウをそこに凝縮する必要があります。その設計によって成果の出せるランディングページ(LP)になれるかどうかが決まります。なので、オススメとしてはコピーも含めた構成案を作成してくれるランディングページ(LP)制作専門会社への依頼です。もちろん構成設計費が20〜30万円上乗せされますが、それによって得られる反応は変わります。そしてその反応は運用する限り継続するので、投資回収は意外と早くできます。

もう一つは、構成自体はあなたが作り、デザイン以降の作業だけを制作会社に依頼するパターンです。これにはweb集客のノウハウをまず習得する必要があるのでハードルは上がりますが、安い費用で効果の出るランディングページ(LP)を手に入れることができるようになるのでオススメです。

web集客を成功に導くためのランディングページの具体的な作り方については、こちらの記事をご覧ください。

5.まとめ

ランディングページ(LP)を活用することで、ターゲットの状態に応じたコミュニケーションを取れます。ゴールへと一直線に導き、アクションを取るか取らないかを判断させるので、通常のwebページよりも高いコンバージョン率(CVR)を出すことができます。

web集客のコスパ改善プラットフォーム「ADviser」をご利用いただければ、レスポンスクリエイティブの制作を得意としているデザイナーの方に、直接ランディングページの制作を依頼できます。担当のアドバイザーによるフォローも得られるので、これまでランディングページ制作に関わったことがなくても、安心してレスポンスクリエイティブの制作進行ができます。スポットでのご利用もできますので、是非ご活用ください!

ADviserのご登録はこちら→

関連記事

  1. 作り方

    web集客を加速させるランディングページ(LP)作成法

  2. ペルソナ

    web集客におけるターゲットとは

  3. promotion_5step

    web集客におけるプロモーション設計とは

  4. アイテム

    web集客の費用対効果改善のための必須アイテム

  5. 目標数値

    web集客を成功へ導くKPI設計とは